ヘッドライン

Powered by Ayapon RSS! オススメ キャッシング FX

2008年06月11日

『我輩は猫である』(ルー語ヴァージョン)

11 名前:名無し職人[sage] 投稿日:2008/06/11 01:38
夏目漱石『我輩は猫である』

我輩はキャットである。名前はまだナッシン。
どこでボーンしたかとんと見当がつかぬ。
なんでもダークでウェットなプレイスで、
ミウミウ泣いていた事だけはメモリーしている。
吾輩はここではじめてワールドというものを見た。
しかもあとでヒアするとそれはスチューデントという
ヒューマンの中でモーストデンジャラスな種族であったそうだ。
このスチューデントというのはサムタイム我々をキャプチャして、
ボイルしてイートするという話である。


posted by halna at 16:09 | Comment(4) | お笑い小咄
この記事へのコメント
なんかむかつくw
Posted by at 2008年06月11日 20:41
逆にわけわからん
Posted by at 2008年06月13日 01:03
「アイアムアキヤット」 
だろうが。
Posted by at 2008年06月13日 18:03
むかつく(笑) なぜだ。
Posted by at 2011年12月30日 05:35
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。